ご あ い さ つ 
   

[2018-2019 年度] 

 

軽井沢ロータリークラブ

 

第55 期会長 遠藤 孝

 

 

*本年度 

  本年度の国際ロータリー会長から出されたRIテーマは 「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)です。インスパイア(感動させる、奮い立たせる)からくる言葉です。ロータリーは自ら鼓舞し、前向きな変化を生み出し、今日直面する課題に勇気と希望を、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となろうです。

  最優先事項は昨年とほぼ同じ 

 1.「クラブサポートと強化」  

 2.「人道的奉仕の重点化と増加」 3.「公共イメージの認知度の向上」です。 

 2.第2600地区地区方針及び行動目標は、伊藤正基ガバナーにより地区標語

                                   「Find The Value」(価値を見出そう)

    と決定されました。私たちを取り巻く地域社会そして経済環境の変化、また人々の価値観の変化と整合性をとる必要があります。様々な技術、情報があまりにも速く世界を駆け巡る中、かえって立ち止まる事が多いと感じます。

 本年度は改めて活動の価値を一人一人が見出して、自らが実践するロータリアンとして、昨日とは違う自分を見つけ、継続して実行する人になりましょう。

 今年の重点項目

 54期継続事項を引き継ぎ、下記充填として取り組みます。

 1)会員増強と交流を深めるために、積極的に参加しましょう。

 2)会員もクラブも日々新しい奉仕のスタイルを求め、活動しましょう。

 3)ロータリーの魅力を高め、社会にアピールしましょう。(3事業は継続事業)

 4)ロータリーデーの開催「複数クラブと合同事業」

 5)ロータリーカードの取得(利用率0.3~0.5 ) ポリオ撲滅支援金に還元される)

 最後に、伊藤ガバナーが、ロータリアンは直接 RI と繋がっており、地区はその支援をしていることを強調されて

 いました。

 会員の皆様が鼓舞し、感動ある期になるようご協力をお願いいたします。